液体窒素は症例が多い

医者と看護師

液体窒素で細胞を破壊

切除手術以外で保険が適用される治療方法は、液体窒素です。マイナス196度の液体窒素をいぼがある部分に長期間当て続けることで、細胞を破壊し、いぼの根っこ部分を取り除いてくれます。昔から行われている治療方法なので、症例が多く、安全性は高いです。この治療方法は、専門医しか行われないので、安心して治療を受ける事ができます。何度か液体窒素をいぼ部分に当てることで、皮膚が再生しようと表皮に向けて、いぼの根っこ部分が少しずつ盛り上がっていきます。いぼの根っこ部分が盛り上がってきた時にいぼを除去してくれるので、再発も防いでくれますよ。メスなどの専用器具を使用する事はありませんので、肌が切られる事はありません。液体窒素は、メスを使用しての治療が苦手な方には良い治療方法ですが、気をつけないといけないのが、低温やけどです。マイナス196度の液体窒素を当て続けて、低温をやけどを起こすことで細胞を破壊していくので、当然痛みが伴います。いぼの数が多い場合やいぼが大きすぎている場合は、完治するまで長期間この治療を受け続けないといけないので、痛みに耐えないといけません。痛みを伴わずに治療を受けたい方は、必ず治療前に医師に相談しましょう。治療前に相談をすれば局部麻酔を使用して、治療を行ってくれるので、痛みを抑える事ができます。液体窒素で、何度もいぼの治療をすると色素沈着が起こる事もあります。いぼができた部位や体質などによって、色素沈着が起こらない事もありますが、色素沈着が起きるのが心配な方は他の治療法を探した方が良いでしょう。液体窒素は、レーザー治療や切除手術と比べると即効性はありません。いぼを完治するまでに何度も液体窒素を当てないといけないので、定期的に通院をする必要があります。定期的に通院をする必要がありますが、液体窒素のメリットは保険が適用されるところです。いぼが複数あっても、費用が高くなる事はありませんので、費用を抑えたまま治療を続けることができます。液体窒素は、他の病気の治療でも使用されているので、外科も備えている病院であれば、ほとんどの病院で液体窒素での治療を受ける事は可能です。治療方法は難しくないので、費用を安く抑えて、いぼを除去したい方は液体窒素で治療を受けるのもいいかもしれませんね。