痛みが少ないレーザー治療

医者と看護師

レーザー治療なら体の負担が少ない

顔などの目立つ部位にいぼができたら、レーザー治療がおすすめです。この治療方法は、炭酸ガス(CO2)レーザーを使用していぼを除去してくれます。いぼの種類によって、取り除く方法が違っていて、ウイルス性のいぼであれば、いぼができた原因である根っこの部分をくり抜きます。ウイルス性以外の老人性などのいぼであれば、出っ張った部分だけを除去してくれます。根っこの部分まで綺麗に取ってくれるので、いぼが再発する心配はありません。専門医ではないと取り扱いができない治療方法なので、レーザーの出力もきちんと調整してくれます。レーザーでいぼをくり抜くと、除去した部位が少しへこみますが、1週間ほどで治ります。レーザー治療の良い点は、いぼを除去しても痛みや出血が少なく、傷跡も残りにくいところです。肌を傷つけることはほとんどありませんので、安心して治療を受ける事ができます。治療時間も短く、1回治療を受けたらいぼが完治できるケースが多いので、何度も通院をする必要はほとんどありません。痛みをあまり感じずに綺麗にいぼを除去できるレーザー治療ですが、デメリットもあります。それは病院によって、費用が違うところです。レーザー治療は保険が適用されないので、いぼを1つ除去するだけで大体5,000円以上かかるところもあります。1mmの小さないぼをレーザーで除去する時も病院によって、治療にかかる費用は異なるので、気をつけないといけません。ウイルス性や非ウイルス性のいぼでも除去する事はできますが、いぼができた部位によってはレーザーだけで除去をするのができない事もあります。また実績が少ない医師に治療をお願いしたら、綺麗にいぼがい除去できない事もありますので、しっかり病院の事を調べた上で、信頼できる医師を見つけましょう。レーザー治療は病院によって、費用にばらつきがあって、治療できるいぼの部位が限定されることもありますので、カウンセリングを受けた際は、医師に費用や治療できるいぼの事などを確認してから、レーザー治療を受けた方が良いでしょう。費用を抑えたい気持ちはわかりますが、他の病院よりも費用が安すぎる病院で治療を受けるのは不安です。確実にいぼを除去したいのなら、実績が豊富な医師がいる病院を選んでいきましょう。実績豊富な医師であれば自分の要望通りの治療を受けることができますよ。いぼの数が多くなく、メスを使用した手術に抵抗がある方には、レーザー治療は人気があります。