1度の手術でいぼを除去

医者と看護師

レーザーでは除去でない場合は切除手術

レーザー治療は痛みを伴わずに確実にいぼを除去する事ができますが、いぼができた部位によっては治療するのが難しい場合もあります。レーザーだけでいぼの除去をするのができない場合は、切除手術が良いでしょう。切除手術は、メスなどの専用器具を使用して、いぼをまるごと切り取ってくれる治療方法です。レーザーで治療する方法ができるまでは、切除手術が多く行われていました。しかし、綺麗にいぼを除去したい方には、切除手術は今でも人気がある治療方法です。切除だと1回の手術だけで、いぼを完治する事ができますので、いぼが悪化をしていなければ治療時間もそんなにかかりません。多少の痛みや出血が伴う事はありますが、事前に医師に相談すれば局所麻酔や麻酔クリームを使用して、手術を行う事はできます。麻酔を使用したら、痛みを抑えることができますので、安心です。ただし、レーザー治療と同様に医師の技量によって、仕上がりに違いが出る事もありますので、病院選びは慎重に行う必要があります。また、切除手術はレーザー治療や内服薬を使用しての治療と比べて、傷跡が残りやすいです。なので、治療後は傷が癒えるまでは傷を塗るなどのケアをしないといけません。しかし、切除手術のメリットは費用を抑えて、いぼを除去する事ができるところです。なぜなら、切除手術は保険が適用されるからです。いぼをまるごと切り取られるので、痛みや出血は伴いますが、確実にいぼを取ることができ、お手頃な価格で治療を受けられます。いぼの状態が悪くなければ、1回の手術だけ終わる事が多いので、何度も通院する必要がなく、お金もかかりません。保険が適用されるので、いぼをたくさん除去したい方にはおすすめです。お金と時間に余裕があれば、顔などの目立ちやすい部位にいぼができた場合はレーザー治療、レーザーでは治療できない部位にいぼがあれば切除手術をするなど、手術方法を分けて行うとよりいぼが完治しやすくなりますよ。2つの治療方法を行うことで、費用を抑えることも可能です。どの治療方法が良いのか迷っている場合は、まずは医師に相談して下さい。いぼを切除して、傷跡が残っても医師のアドバイス通りにケアを行えば、傷跡も目立ちにくくなりますよ。